スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だって暗かったんだもん



こんなことでも訴えちゃう訴訟の国、アメリカ。
万が一でも勝訴すれば儲けモンくらいの感覚なんでしょうかね。

映画にはポップコーンがつき物ですからな、次からは気をつけてポップコーンをほおばってください。念のため、映画を見るならフランス映画ですから、ハリウッドじゃなくて。


「映画館のポップコーンは自己責任で」

 スナックを食べながら映画を観る人はご用心! 映画館でポップコーンを購入し、うまくはじけなかったトウモロコシの粒で歯を折った客が補償金を請求したが、ニューヨークの判事は食べる際にもっと注意するか他のものを食べるべきだった、と言い渡した。

保険ブローカーのスティーヴ・カプラン原告は一年前、AMCリンカーンスクウェアシネマで映画『スーパーバッド』を鑑賞中、ポップコーンの不発弾に当たった。歯は折れてしまい、映画はひどかった、と彼は語っている。

カプランは歯の治療費1250ドル (およそ13万3000円) を求めて劇場を訴えた。 しかし、マンハッタン民事裁判所のマシュー・クーパー判事は、すべてのトウモロコシ粒がはじけているものと思うのは間違いであると裁決した。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。