スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざまし時計増やしてください



許可がおりなくて飛び立てないってのならまだしも、飛んできたのに着陸できないのはツライですな。
しかしかなり重要なお仕事だと思うのですが、ひとりしかいないのでありましょうか。

ちょろっと調べてみますと、羽田空港の管制官は1チーム21~22人で早番、遅番、夜勤のシフトで回っているそうです。ちょっとのミスが大惨事になっちゃったりするから、こりゃ当然。

レスボス島がどんだけのんびりした島なのかってのが伝わってくるニュースでありました。

ギリシャで管制官が寝坊、航空機2機を上空で待たせる

 ギリシャの警察は29日、レスボス島の管制官が寝過ごしたため、島に着陸しようとした航空機2機が、約40分間エーゲ海上空で旋回を強いられる出来事があったことを明らかにした。

 影響を受けたのは、アテネ発のオリンピック航空機とスロバキア航空機。警察によると、2機が着陸の指示を得ようとしたところ応答がなく、40分間上空を旋回した末に、空港の補助的な管制サービスにより着陸した。管制官の女性はその後、自分が寝過ごしたと語ったという。

 警察は、原因となった管制官が数日間の停職処分となるだろうとしている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。