スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルシア大統領かくかたりき



まぁ、混雑しちゃう刑務所ってのも都合悪いでしょうからな。ここはひとつバンバン送り返しちゃえと。
しかし国の財政を立ち行かなくなるほどってのも迷惑な話。

そんな様子を知ってか知らずか、ペルーのガルシア大統領は「コカの葉をサラダにどうぞ!」なんて発言しとるようです。う~ん、麻生がいつ失言するかと待ち構えてたら、そうきたか。


ペルー、1000人超の外国人受刑者の出身国送還を計画

 ペルー政府は24日、刑務所にかかるコスト削減と刑務所内の混雑を解決するため、1094人の外国人受刑者を出身国に送還して残りの刑期を終えさせたいとする計画を示した。ロサリオ・フェルナンデス司法相が発表した。

 ペルーの受刑者の70%ほどが麻薬の密売に関わる罪で服役している。その多くがコカインを密輸しようして逮捕された。コカインはペルー国内で1グラム5ドル(約530円)ほどで手に入るが、欧州では1グラム100ドル(約1万円)になる。ペルーはコカインの原料であるコカの生産では、コロンビアに次いで世界2番目。

 受刑者は現在、ペルー政府に送還費用を支払えば残りの刑期を母国で務めることができる。しかし、受刑者の多くは破産しているためにペルー国内の刑務所にとどまって、同国政府に財政的な負担を強いている。

 このためフェルナンデス司法相は、外国人受刑者をできるだけ早く送還できるよう、送還費用支払いの免除を議会に求めている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。