スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時、歴史が動いたんだよ



ベルリンの壁が崩され東西ドイツが統一した時は、目の前で歴史が動いている様子に興奮したものであります。約20年を経過してその壁の破片がオークションにかけられるなんて、誰が想像したでしょう。

全部でいくらくらいになったのか、結果も教えて欲しいものであります。


「ベルリンの壁」が競売へ、1片46万円で落札予想

 かつて東西ドイツを分断し、1989年に崩壊した「ベルリンの壁」の一部とされる落書き付きの石片4つが19日に競売に掛けられるが、落札価格は1片当たり3000ユーロ(約46万円)になるとみられている。競売主催会社が18日に明らかにした。

 「ベルリンの壁」の大半は崩壊後、道路建設のためすぐに粉砕されたが、記念にと削り取られた石片は観光客や地元市民らの間で依然人気が高い。

 競売会社のスポークスマンは、4つで1万2000ユーロの入札を期待していると述べるとともに、これまで多くの「偽壁」の石片が売られてきたが、今回のものは純正だとしている。

 かつて旧東ドイツのリーダーから「反ファシスト防護壁」と呼ばれた同壁は高さ3.5メートル、全長155キロに及ぶものだった。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。