スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金払えってか?



自主的に公共施設の清掃をしたという行為はかなり尊敬に値するモノでありますが、お金請求しちゃったら台無しなんじゃ?と思うのですが、どーなんでしょう。

まぁ、多少汚くても「掃除しよ!」なんて考えがこれっぽっちも起こらないあたしに発言する権利はないのかもしれません。


公衆トイレを自ら清掃した男性、市に作業料金を請求

 ミシガン州の観光都市ソーガタックで店を経営する男性が、公衆トイレがあまりにも汚くて耐えられなくなり、自ら掃除を行って市に156ドルの清掃料金を請求した。

スティーブ・オズワルド氏はWZZM-TV の番組で、「8月9日、公衆トイレが汚いと客が話しているのを聞き、実際のところどうなのかとチェックしに行ったのです」とコメント。

「とても汚くて、座る気になれませんでした……」とオズワルド氏。

このためオズワルド氏は市関係者に連絡した後、45分間自ら便所掃除をしたという。

カーク・ハリアー市政代行官は、「公衆トイレの清掃は一日に2度行っています。オズワルド氏がチェックした日は週末で、多くの観光客が訪れていたため、トイレの汚れも早かったのだと思います」と話し、以来、清掃作業の回数を増やしたと説明している。

また、オズワルド氏の行為についてハリアー市政代行官は「感謝しています」としながらも、お金を支払うかどうかについては市議会で判断されると話している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。