スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時折見せるエセ動物愛護



心情的に許せない出来事ですな。しかしこの記事のようにカンガルーを大切にするときもあれば、増えすぎれば散弾銃で至近距離からとか、自動車のけん引棒に打ち付けるとかしてサラリと間引きをしてみせるエセ動物愛護だったりしますからオージーは油断なりません。

まぁ、面白半分でやったことで指名手配のコイツ、きっとボコボコの刑でしょうな。


カンガルー虐待男、豪当局が全国規模で捜索

 オーストラリアの動物保護当局は11日、男がカンガルーに意識を失うまで殴るけるの虐待を加える映像が発覚したのを受け、全国規模でこの男の捜索を開始した。

 このビデオ映像は当初ウェブサイトに掲載され、西オーストラリア州の王立動物虐待防止協会(RSPCA)に送られてきた。男は友人が笑いながらビデオを回す中、カンガルーが立てなくなるまでキックボクシングのような暴行を続けた。カンガルーが死んだかどうかは定かではないが、当局はこのカンガルーが車に引かれるなどしてけがを負っていたとみている。

 RSPCAのスポークスマンは「自分よりはるかに小さく、けがをして明らかにおびえている動物に暴行するとは臆病者のやること。犯人を捕まえ、起訴する必要がある」と述べた。

テーマ : 考えさせるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。