スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちはわかるが許せません



気持ちも言い分もわからないではないが、郵便配達人がやってはいけないことであります。
ひょっとしたら届くはずの手紙を心待ちにしていたヒトもいるかもしれませんからな。

郵便物が届かない理由は、ポストを荒らされた、ビラなどと一緒に勘違いして捨ててしまった、ポストの中身が外に散ってしまっていたなど通常は郵便物を受け取った側に非があることが多いのだとか。

郵便配達の怠慢はもっと大きく取り上げるべきかもしれませんな。


ドイツで郵便配達員が2万通を自宅にため込む、「仕事大変で」

 ドイツのフランクフルトで郵便配達員として働いていたスコットランド出身の男(23)が、仕事が大変として郵便物少なくとも2万通を自宅にため込んでいたことが発覚した。警察が9日明らかにした。

 男が郵便物をごみ箱に入れているのを目撃した隣人が警察に通報。捜査官が自宅アパート周辺や地下室から、ゴミ袋や箱に入った郵便物、小型トラック2台分相当を発見した。

 男は警察に、夜間学校の勉強や仕事が「大変過ぎて」配達が滞ってしまったと話しているという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。