スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康で生き続けるために



健康診断に先日行ってきたのですが、あまり芳しい結果は出ませんでした。
ほぼ毎日パソコンに向かって仕事して、夜は酒かっくらって寝るという生活をしてますから当たり前っちゃ当たり前なんですけども。

さて、適度な運動は記憶力の向上にいいそーです。
こりゃ高齢者に限ったことではありません。若年層から中年層にかけても同様のこと。

適度な運動と規則正しい生活・・・ついでに野菜もちゃんと摂れと、当たり前のことをするだけでも健康でいられたりするんでありますな。とゆーわけでお医者さんにもらってきたパンフレットを元にブログ作ります。お楽しみに!


高齢者の適度な運動は記憶力向上に効果=研究

 高齢者にとって定期的に適度な運動をすることは、記憶力の向上や認知症の発症を遅らせるのに効果あることが分かった。オーストラリアでの研究結果が医学誌「ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAA)」で発表された。

 同研究では、認知症ではないものの、記憶力に問題を抱える50歳以上の170人を対象に調査を実施。対象者の半分は週3回50分程度のウォーキングなど適度な運動を行っている人で、残りの半分は全く運動をしていない人だった。

 語彙(ごい)のリストを思い出すなどのテストを行った結果、運動を行っている人は、行っていない人に比べ、明らかに認知機能を向上させることが示された。運動の効果は6カ月後から顕著に表れ、少なくとも運動を止めた後12カ月は効果が持続した。

 世界保健機関(WHO)によると、認知症の高齢者の数は現在、世界中で推定3700万人。その大半がアルツハイマー病だという。

 今後20年でその数は急速に増えると予想されており、研究者らは認知症の発症を遅らせる方法を模索している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。