スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金についてはノータッチなのね



まぁ、誰でも健康は必要と考えていますからな・・・ってそーゆー意味じゃなくて。
なんでこんな矛盾したことやってたんでしょう?ひょっとしてうましか(漢字に変換してください)なんでありましょうか?

税金はきっちり納付していたのに何も言われなかったあたり、ユナイテッドキングダムのシタタカさが伝わってくるニュースでした。


アフガニスタンで死んだはずの男が健康診断に!? 生命保険の不正請求

 既に死んだはずの男は、健康診断を受けるべきではなかった。

アーマッド・アクタリー (34) は半年前にアフガニスタンで死んだことになっていた。しかし、彼が医師の健康診断を受けたことから、30万ポンド (およそ5800万円) の生命保険証券を手に入れようという企みは失敗に終わった。

先週、グロスターで行われた法廷審問で、裁判官はアーマッド・アクタリー に60時間、前妻のアン (43) に40時間の社会奉仕活動を命じたが、それぞれ9ヶ月の実刑には執行猶予が認められた。

アン・アクタリーは、夫が事故による脳損傷で死亡したとするアフガニスタン発行の偽造証明書を使ってノリッジユニオン保険会社に支払いを要求したことを認めた。

ノリッジユニオンの捜査員は医師からの情報提供を受けた。

「アクタリーさんの担当医師が彼を診察し、彼は病院にも足を運んでいましたから、虚偽請求としてはあまりうまいやりかたではありませんでした」と、検察官のジェームス・クランフィールドは語った。

彼は死んだはずのことになってからも、隠れもせずグロスターに住み、働いて税金を支払っていた。

金曜に判決を言い渡した裁判官マーク・ホートンは、不正請求は重大な問題だが、夫妻の企みはあまりに単純であり、金銭的な損害は全く生じなかったと述べた。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。