スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤ、やっぱオムツだろ



信じられないことが起きると口々に神について語っちゃったりしますが、やっぱ一番の功労者はオムツですな。そんなあたしは無神論者。

地元警察官は冷静に、まるでなりゆきを見ていたように解説してますが、あんたのところに神が降りてきたのか?とツッコミたくなりますな。いずれにしてもかすり傷程度で済んでなによりでした。


赤ちゃんの命を救ったのは使い捨てのオムツ

 使い捨てのオムツがアパートの3階から転落した生後18ヶ月の赤ちゃんの命を救った。

赤ちゃんが落ちたのは、ブラジル北東部のレシフェにあるアパートの部屋の窓からで、高さは約10メートル。落下途中にアパートの周囲にあったコンクリート壁に埋め込まれていた防犯用の尖ったフックに引っかかった。「しばらくはフックにぶら下がっていましたが、やがてオムツが破れて赤ちゃんは落下しました。オムツのおかげで落下スピードが遅くなり、衝撃を緩和する役目を果たしたのです」と地元の警察官は話す。

またこの警察官は「奇跡です。フックに刺さって死んでしまう可能性もあったのですから」とコメント。

赤ちゃんは軽い擦り傷を負って病院で治療を受けたが、容体は安定しているという。

警察は現在、赤ちゃんがどうやって窓によじ登ったのか調査中で、親の不注意が原因の可能性もあると発表している。

「Folha de S. Paulo」紙によると、赤ちゃんの父親(23)は「窓の下にあったソファーに登ったのだと思う。今までそんなことをしたことなかったのに」と話している。さらに父親は、「息子の命を救ったのはオムツではありません。神が救ってくれたのです」と語っている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。