スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しき豪腕 ライバルを探せ!



周りと比較して優れているからはじかれる?
アメリカでもこんなことが起こっちゃうんですな。なんだか可哀想。

せめてどこかに「永遠のライバル」花形満がいればいいんですがねぇ。
100歩譲って左門豊作でもいいですから、立ちはだかる人を募集中!


9歳の天才少年ピッチャー、あまりにも凄すぎるため投球禁止に

9歳で時速64kmの球を投げられる少年ピッチャーに対して、あまりにもうますぎるという理由で投球禁止指示が出たとのこと。「出る杭は打たれる」といいますが、優秀な人を押さえつけてしまうと、後々問題になってきそうです。

Jericho Scottくんは右投げの少年ピッチャー。彼の投球があまりにも凄いため、ニューヘブンのユースリーグからScottくんの監督に対して、投球をやめさせるよう指示があったとのこと。監督がやりくりをして、Scottくんをマウンドに上げると、敵チームは試合を放棄して帰ってしまったそうです。

Scottくんが所属するユースリーグには8チーム100人の選手がいるため、Scottくんのチームを解散させ、他のチームに入った選手には50ドルの契約金を出すという話まで出たそうで、リーグ職員は監督がすでに辞職したと話しています。

しかし当の監督自身は、自分がチームを抜けておらず解散を拒否している旨を語り、チームの選手と親たちはScottくんに投球させるよう抗議。前回の優勝チームのスポンサーであるユースリーグ役員が、Scottくんを勧誘して断られたことが、今回の投球禁止指示の原因になっていると、監督と親たちは説明しています。

一方、ユースリーグの弁護士であるPeter Noble氏は、「このリーグには多くの初心者がいて、スポーツ促進を主目的とした教育のためのリーグとなっています。あまりにも速い球の前に立つのは、初心者には非常に恐ろしいものです」と話し、あくまでScottくんの球が速すぎることが理由であると反論。リーグとしてはScottくんを他のポジションに変えるか、年長選手に対してのみ投球するか、別のリーグに行くことを提案しているそうです。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。