スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シスターが美人コンテスト



シスター・・・淫靡に聞こえてしまうのはあたしだけではないようです(フィルター外してイメージ検索かけてみそ)。

「外見的な美しさは神からの贈り物」さすが説得力がありますな。
どんな顔ぶれなのかが気になるところ・・・と持てる知識と翻訳サイトを総動員して探してみたのですが、シスターの人気投票ブログは見つけることができませんでした。誰か続きをたのむ・・・。


イタリアの聖職者が「尼僧美人コンテスト」開催

 尼僧を対象とした美人コンテストが開催されることになった。カソリック教会における尼僧の存在をアピールし、尼僧は年老いて陰気であるというステレオタイプを刷新することが目的と、コンテストを企画したイタリアの聖職者は語っている。

この「ミス・シスター2008」を企画したのは、ナポリ地区の聖職者兼神学者のアントニオ・ルンジ司祭。大会は9月、彼の運営するブログ上で行われ、世界中の尼僧たちにその仕事と姿を紹介する場が提供される。
一ヶ月にわたってブログ訪問者からの投票を受け付ける予定だ。

「尼僧たちはちょっと特別で、教会でも周縁的な存在です。これは彼女たちの仕事を世に知らしめる機会となるでしょう」と、ルンジ司祭はAP通信に語った。

応募には写真だけでなく、略歴や仕事についての情報も求められる。写真で伝統的な修道女の服を着用するか頭髪を露出させるかは応募者次第だ。

「尼僧たちを水着姿で歩かせるつもりはありません。しかし、醜いことが尼僧になるための絶対条件ではないのです。外見的な美しさは神からの贈り物であり、われわれはそれを隠すべきではありません」と、彼はモンドラゴーネの町から電話で語った。

このアイデアはもともと、普段から彼といっしょに祈り働いている尼僧たちから提案されたものだそうだ。

カトリック聖職者協会はこのコンテストを批判している。
「自らを神に捧げた尼僧たちの役割を軽視する企てです」と、同協会の会長アルベルト・ジャニーノはANSA通信に語った。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。