スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しいところをアピール



建築途中のビルにはハリボテ、瓦礫と化した地区には塀をはりめぐらせて目隠ししてる周到さですから、アシスタントも自国の美しいところをアピールすべくじっくり厳選したんでしょうな。

いろいろ綻びもみえつつある北京五輪。
せめて閉会式までは、これ以上何事もなくとりおこなってほしいところです。


北京五輪、メダル授与式のアシスタントにも注目集まる

 大会10日目に入った北京五輪では、メダル授与式でアシスタントを務める女性たちにも注目が集まっている。シルクのチャイナドレスを着用し、髪を結い上げた姿で登場するアシスタントらはエレガントで美しいと評判になっている。

 米ジョージア州アトランタから北京を訪れているデブラ・シネクスさんは「彼女たちはとても美しく、そしてきちんとしている。常にほほ笑んでいる」と語った。

 北京五輪ではメダル授与式1回につき、アシスタント6人以上が仕事を受け持つ。2人が表彰台の両脇に立ち、ほかのアシスタントはメダルとブーケが乗せられた台を手に持つ。

 役目そのものはシンプルにも見えるアシスタントだが、採用までには厳正な審査を経て、トレーニングも受けてきた。

 また中国メディアによると、北京五輪組織委員会(BOCOG)は選考に当たり、応募者は年齢18─24歳で大学で教育を受けた女性に限り、身長は168─178センチなど、外見に関してもさまざまな基準を設けていたという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。