スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも小切手は使うんだ?



紙幣は信用しないのに小切手はOKだったり、自分の車にぶつかられたり。
きっとあなたが紙幣を信用しないように回りも、あなたの車からも信用されていなかったのかも・・・って考えると非常に恐かったりしませんか?


「オレは紙幣を信用しない」新車の支払いの半額を硬貨で

「オレは紙幣を信用しない」という信念の男性が新しいピックアップトラックを購入する際に、半額を硬貨で支払ったそうだ。

この男性はジェームズ・ジョーンズさん(70)。シンシナチ郊外のスプリングデールのディーラーショップによると、ジョーンズさんはシボレー・シルバラードを購入するときに、硬貨がつまったコーヒーの缶を16個、ドンと置いた。

従業員が総出で10セント、25セント、50セント、それに1ドル硬貨を数えたが、数え終わるのに1時間半かかった。硬貨は全部で約8000ドル。新車価格は1万6000ドルで、残りは小切手を切った。

ジョーンズさんの息子、デニスさんは「オヤジは硬貨で支払うのが好きなんだ」という。そしてそもそも倹約家の父親が1981年製のピックアップを買い換えたことに仰天したという。古い車は昨年、サイドブレーキが故障しジョーンズさんにぶつかって、病院に行くハメに。それが買い換えのきっかけになったそうだ。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。