スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯人は女子!



まるでタイムカプセルのような話であります。
40年以上前に盗まれちゃった財布が出てくるなんてホントに驚いたでしょうな。材質が牛革ってことですからせっかく持ち主のもとに戻っても劣化がひどくて使えなそう。

ちょっと残念でありますな。


母校のトイレの壁から44年前に盗まれた財布が出てきた!

オハイオ州北部にあるウォーレン・G・ハーディング高校の校舎を取り壊したときのこと。カレン・テレサ・リースさんにとって、壁の中から信じられないものが出てきた。1964年に盗まれた財布だ。

「ビックリ仰天というのはこのことよ」とリースさん。

リースさんはハンドバッグから赤い牛革の財布が盗まれ困惑したときのことを今でも覚えている。車の仮免許が入っていたため、もう一度免許を取り直さなければならなかったのだ。

先週発見されたとき、財布は取られたときのままだった。中には学芸会の演劇チケット、体育の授業の欠席届、写真、それにガムが半枚入っていた。

女子トイレの壁の中から財布を見つけた作業員は、もう一つ財布を見つけた。昨年盗まれたものだった。作業員によると、壁には穴が開いていて、盗んだ財布を捨てるのにちょうどいい具合になっていたという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。