スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも行動が不可解



悔しい気持ちはわかりますが、3位決定戦にも表彰式にも登場しちゃったあたりにちょっぴり矛盾を感じますな。

そんなにメダルの色が気にいらないのなら、ホレこのラッカーをどーぞと。


五輪の男子レスリング、判定めぐり選手がメダル置いて立ち去る

 14日に当地で行われた北京五輪のレスリング男子グレコローマン84キロ級の表彰式で、3位となったスウェーデンのアラ・アブラハミアン(33)が、獲得した銅メダルをマットに置いて立ち去るという出来事があった。

 同選手はアテネ五輪の銀メダリストで、今大会では優勝を目指していた。準決勝で、審判の判定をめぐって口論をしていた。

 アブラハミアンは「こんなメダルどうでもいい。金(メダル)が欲しかった」とコメント。

 同選手は試合後、引退を表明している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。