スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歳を過ぎてサカル



ふとトカゲの寿命ってどのくらいなのかなとググってみると出てきます出てきますカラフルなのやちょっと恐い面構えだったりするのが・・・。結局平均寿命はよくわからず、それどころかムカシトカゲはトカゲの仲間でもないようであります。しかもムカシトカゲのメスの交配と産卵は4年に1度だそうですから、ちょっと考えられないくらい長いサイクルでありますな。

4年に一度といえば本日開幕のオリンピック。
次の交配はロンドンオリンピックの年ですか。がんばって長生きしてください。


性器の癌を克服、111歳で父親になったトカゲ

 ニュージーランド原産のムカシトカゲが111歳で初めて父親になったそうだ。

このムカシトカゲは、南島のサウスランド博物館で飼われている『ヘンリー』で、3月に若いメスの『マイルドレッド』と交配し、マイルドレッドは先月12個の卵を産んだ。

ムカシトカゲの管理者リンジー・ヘズリーさんによると、ヘンリーは1970年からムカシトカゲ専用囲い地で飼育され、最近までセックスに全く興味を示さなかった。しかし最近、生殖器から癌性腫瘍を切除したところセックスに目ざめ、最近では3匹のメスとの生活をエンジョイしている。来年の3月に再び、交配するものと見られている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。