スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪の秘密兵器(なんの?)



ようやく涼しくなってきた夕暮れ時、窓を開けると庭の木にミンミンゼミが・・・。退官気温が3度ほど上昇したような気がします。

・・・とここまで書いて、「ミンミンゼミで良かったかしら」とウィキペディアで確認してみると、地域によっては棲息しない場所もあるようで微妙にローカルネタになってしまいました。ローカルネタといえば、こんな記述も・・・

「セミは元来熱帯系の昆虫で、日本より緯度が高いヨーロッパや北アメリカではセミの種類も少なく、また小型で迫力がないので知名度が低い。」(Wikipediaより)

ヨーロッパにはいない生き物だから驚いちゃったんですな。
これはひょっとしたら使えるかも・・・。


五輪女子ビーチバレーの独代表選手、セミの「参戦」に悲鳴

 北京五輪に出場する女子ビーチバレーのドイツ代表チームが6日、朝陽公園ビーチバレー場で練習をしていたところ、突然、セミの襲来を受けた。このセミは現地で日常的に見掛けるもの。

 ビーチの砂の上に落ちたセミに選手らはひるみ、ある選手が「あれは何だ」と叫んだ。即座に、会場にいたボランティアの1人が手でセミを捕獲。セミは一層ばたつき、選手らは悲鳴を上げた。

 セミを捕まえた男性ボランティアは、そのセミを別のボランティアに手渡し、受け取った女性ボランティアがすぐさま友人のシャツにセミを納めて、一件落着。

 選手よりも地元の動植物に慣れているボランティアは、今回の騒ぎを笑ってかわしていた。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。