スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の物語



短命なのに100万年ですか。なんだかヒトの寿命と比べると壮大な話でありますな。
ほとんど地球から外に出ないのに、宇宙のことがこんなにわかってしまうというのも、素人考えでは不思議なことのひとつ。

「地球はあと5年で寿命ですよ」なんてことになったらどうするんでしょう?


宇宙最初の星は小さかった、誕生後急速に巨大化=日米研究

 137億年前とされる宇宙誕生の大爆発「ビッグバン」後に初めてできた「最初の星」は非常に小さく、その後太陽の100倍の大きさに急成長したという。日米の研究チームが31日に発表した。

 同研究は、名古屋大学の吉田直紀氏と米ハーバード大学の研究者らが、コンピューターシミュレーションで水素やヘリウムガスが宇宙初期の星を形成する様子を再現し、結果を米科学誌「サイエンス」で発表した。

 同チームによると、寿命が50億年とされる太陽などと比べてこうした初期の星は短命だったとみられ、その寿命は約100万年という。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。