スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の車でサーチャージ w



セルフのスタンドでガソリンと間違えて軽油入れちゃって、修理代がバカにならなかったなんて事件が頻発しておりましたな。軽自動車だから軽油・・・?知識がないなりになんとなくつじつまがあっちゃったりするから不思議。

そんな痛い実体験があってもなくても、もうひとつ身銭を削ってサンプルを提供してくれた方がアメリカにおりました。

「航空燃料で車は走らない」

これをキモに銘じておきましょうね。


「航空燃料を車に入れれば、超高速で走れる」が犯行の動機?

 多分、彼は車で飛べると思ったのかもしれない。

リードヒルビュー空港に侵入、航空燃料を盗んで車の燃料タンクに入れた男(20)が逮捕された。

同空港で働くジム・メイデ氏は「これまでにも燃料が盗まれたことはあります。でもホントにバカげたことなのです。航空燃料は鉛の含有量が多いので、車に使用したらバルブ類がゆがんでしまう。結局は高い修理代を支払うはめになるんです」と説明する。

男は27日夜、飲酒運転と窃盗未遂の容疑で逮捕された。しかし犯人はおそらく金儲けはできなかったはずだという。

航空機やレーシングマシンに使用される航空燃料の給油機は、クレジットカードの使用でしか購入できないからだ。

「レースに使う燃料だから、車が速く走るに違いないって思う連中がいるんですよね」とメイデ氏。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。