スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すげえデブが引き取りに来たりして



自分の対格を上旬に考えてネコを巨大化させたのかもしれません。
是非、元の飼い主に現れてほしいですな。できれば期限後に。

肥満は食生活と運動が必要。
次の飼い主がイイヒトであることを祈っております。



体重20キロのネコが保護された

 ニュージャージーのデブネコの話を。体重が44ポンド(約20キロ)もあるメスネコが首輪もつけずにヴォールヒーズでよたよた歩いているところを保護された。

キャムデン郡の動物保護センターは、このネコに、できればきちんとした食生活をさせる、新しい飼い主を見つけてやりたいと考えている。

同センターのボランティア、でボラ・ライトさんは「まるでアメフトのクォーターバックみたい。44ポンドもあるネコを失うなんてことがあるかしら」と語った。

同センターの職員たちはこのかわいいデブネコを「プリンセス・チャンク」と呼んでいる。

ネコの最大体重のギネス記録は46ポンド15オンス。オーストラリアのネコで1980年代に死んだ。その後『ギネス世界記録』は、飼い主が記録を破るためにネコに無理な食事をさせるおそれがあるとして、この部門を廃止した。

プリンス・チャンクの飼い主は8月2日までなら引き取ることができる。それ以降は、別の飼い主に引き取られることとなる。

ライトさんは、獣医にこのネコの食生活について相談をする予定。

「首に綱を付けて散歩に出ようと思ってます。犬だと言っても通用しちゃうかも」とライトさん。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。