スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れにしようとしたのに・・・セメントの雨



近頃は空がよごれていて、雨も混ざりものが多いようです。
なんて考えていたら、セメント混ぜていやがった(^^;)
調べてみると、ヨウ化銀は雲の核になるのだそーですから要領を得ています。


雨雲に何かを打ち込んで、特定の日を晴れにするために天気を調節する。
話には効いていましたが、すでに実用化されてることはまったく知りませんでした。
それにしても・・・コレ、空軍の仕事なんですね。


人工降雨作業中のロシア空軍機、誤ってセメント降らす

 ロシア空軍機が先週、モスクワ郊外の住宅に25キロのセメントが入った袋を落としていたことが分かった。空軍機は祝日に雨が降るのを避けるため、雲を作っている作業中だった。地元メディアが17日伝えた。

 警察は、地元通信社に「首都周辺で晴天を作るために使われたセメント1袋が高空で完全に粉砕せず、民家の屋根に落下、約80―100センチの穴を開けた」と説明した。

 ロシアでは主要な祝日を前に、モスクワ上空に雲を作って湿気を除去するため、空軍がヨウ化銀や液体窒素、セメント粉末を搭載した貨物輸送機を飛ばすことがよくある。


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。