スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの・・・ホンモノなんですけど



身分証明書を見せても「精巧なツクリ」とか、きっと関心されちゃったんでしょうな。
どーしたら信じてもらえるか苦慮している様子が伺えます。

ってか、「信じてくんなきゃ脱いじゃうゾ」くらいの意気込みでいかないとダメなのかもしれません。


騒音を注意する警官、ストリッパーと間違えられる

 夜中の0時過ぎ、パーティの騒音を静かにしようと現れたふたりの警察官は、人々に拍手で迎えられた。西ドイツのパーティ好きの女性たちは、本物の警察官を制服コスプレのストリッパーと勘違いしたのだ。

警察の広報担当者バーンド・ホフマンによれば、この勘違い事件は28日、フランクフルトの西の町ジンメルンで、隣人からの苦情を受けて警察が出動した際に起こったという。

ふたりの警官が0時45分頃に到着した。 パーティーに参加する人々は誰もストリッパーを注文していなかったが、誰かが驚かせようとして内緒で手配したものと考えた。

「本物の警察官だと理解されるのにしばらく時間を要しました。あらゆる意味でちょっと笑える話ですよね」と、ホフマンは述べた。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。