スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐうたら公務員、ちょっと緊張してみる



トップの人格で態度を変える。小中学生ならわかりますが、これがお役人ですからヒドいもんですな。
日本でもそうですが、たいがい公務員なんてものは悪く言われます。一部の一生懸命働いてる方がいるから成り立ってるようなもんですからな。

でもホントに世間で噂されてる悪評どおり病欠が多いってどーゆーこと?
そんなに休んでも平気なら、いなくてもいいってことなんでしょう。税金の無駄になるんだから公務員減らせよw


イタリアの役人、厳しい大臣就任後に病休取得が減る

 イタリアの行政担当相は就任以来仕事をサボる人々に対し強硬な姿勢を示してきたが、このほど行われた内部調査で5─6月の同省での欠勤が減ったことが明らかになった。

 ブルネッタ行政担当相は5月に就任。複数の通信社は、同相が「行政担当省での病気休暇の取得は、5月には10%、6月には20%それぞれ減少した」と述べたと伝えた。同担当相は、これを「ブルネッタ効果」だとしている。

 イタリアではこれまで、国家公務員は怠け者で不当な病気休暇を取得するという悪評があった。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。