スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアバスのバスルーム



世界のどこをめがけて飛んでいくにしても飛行時間が24時間まるまる飛んでるなんてことはないわけですから、シャワーがホントに必要なのでしょうか。万一乗り込んだ飛行機がエアバスでたまたま(?)ファーストクラスだったりしてシャワーがついてたらそりゃ使いますけどね。

さすが裏庭を掘ると原油が出るというくらいジャブジャブのアラブ、スケールが違いますな。


エミレーツ航空のA380機、上空でのシャワー利用も可能に

 欧州の航空機メーカー、エアバスは28日、エミレーツ航空が8月から運行を開始する2階建て超大型旅客機A380の引き渡しを行った。エミレーツ航空は計58機を発注している。

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを拠点とするエミレーツは、同機のファーストクラスの客室には、ラウンジバーのほか、シャワーを備えた2つのバスルームを用意していることを明らかにした。

 ただ、記者会見でエミレーツのクラーク社長はシャワーについて、水量には限りがあり、長時間の使用はできないと注意を促した。

 同社長は「シャワーはソフトウエアのプログラムにより、大抵のケースで十分な時間である5分間使えるよう制御される」とコメント。利用客はシステムを通じて残り時間が把握できるようになっていると説明した。

 今回のシャワー導入などにより、同機には、従来より約25%増の500キロ分の水を余計に積み込むことになるという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。