スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金生活者に託されたもの



知らずに育てているって話は結構聞きますな。日本ではケシが多いんだとか。
しかしこのニュース、生き物で言うと托卵って言うんでしたっけ?カッコウが有名だったりします。

すぐに廃棄したりせず、収穫に来るのを待ってみるのもいいかもしれません。


オランダの年金生活者、気付かずに自宅で大麻を栽培

 オランダのハーグで年金生活を送る73歳の男性が自宅の玄関先で大切に育てていたベゴニアの鉢の中で、大麻が栽培されているのが見つかった。男性には心当たりがなく、警察から話を聞いて驚いているという。

 地元警察当局のスポークスマンは25日、男性宅のベゴニアの鉢で大麻の草が育っているのを警官が発見したと説明。男性は見つかった大麻について地元の若者が勝手に植えたものと考えており、これら大麻を廃棄することを約束したという。

 オランダ政府は今月に入り、法律で禁止されている大麻栽培の取り締まり強化を打ち出している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。