スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勤め先の倉庫にプライベートルーム?



年収1千万は置いといて、妻がいるのになんで”別宅”に住んでいたんでしょうな。
保守管理のため・・・なんて言い逃れしたりして。


年収1000万円の病院職員が施設の倉庫に住んでいた

 ニューヨーク市郊外オレンジバーグにある精神療養所の保守管理者が年収10万ドル(約1060万円)であるにもかかわらず、施設の倉庫にただで3年間、住んでいたと告発された。

この保守管理者が住んでいたのはロックランド精神療養センターの敷地にある倉庫で、カウチ、電子レンジ、冷蔵庫を設置、郵便物までそこで受け取っていた。

センターの責任者は、保守管理者が倉庫に住んでいたことを知らなかったという。

保守管理者にはそこに住んでいた料金として2500ドル(約27万円)が請求される。今は、5キロほど離れたパールリバーにある自宅で妻と一緒に暮らしている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。