スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン高騰で車からスクーターにシフトダウン



その気持ちイタイほどわかります!
電車などの公共交通網が網の目のようにはりめぐらされている都会ならいざ知らず、田舎だと自動車は唯一の移動手段ですからな。でもこんなにガソリンが高騰したんじゃ、やっぱりスクーターに乗り換えを考えてしまいますよね。ランニングコストもかなり安いし。

日本国内では自転車が人気のようですが、さすがに人力だと行動範囲が制限されてしまいますから・・・。今のスクーターってリッターあたりどのくらい走るんでしょうねぇ。


ガソリン高騰の米国、通勤の足としてスクーターが人気に

 ガソリン小売価格の記録的な高騰を受け、米国では通勤者らの間で燃費の良いスクーターの人気が高まっている。オートバイ業界団体の統計によると、2008年上期のスクーター販売台数は65.7%増加。年初来で30%強上昇した原油高の恩恵を最も受けた業界のひとつとなっている。

 マンハッタンでバイクショップを経営するスティーブ・トラバースさんは「(スクーターは)飛ぶように売れる。消費者はガソリン価格から逃れたいし、車を運転することもできず、費用のかからない移動方法を必要としている」と述べた。

 人気があるのはイタリア製の「べスパ」や、ヤマハ発動機<7272.T>やホンダ<7267.T>のスクーターなどで、価格は1800─7500ドル(約19万─80万円)。

 べスパ製造元の伊ピアジオは、同社の米国での2008年第1・四半期の販売台数が前年同期比74%増加したとしている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。