スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11歳に取り締まられる



場所がこの少年の自宅の近所で交通事故が頻繁に起こるとか、友人とか親類が危ない目に遭ったからとか、なにがきっかけになって始めたのかが知りたいですな。

まぁ、ガソリンも高騰しとりますから、そのうちバカみたいにスピード出す運転手も減るんじゃないでしょうか。



11歳の少年、スピードガンで速度違反を取り締まり

 ルイスビルのストーンレイク区に住む少年、ランドン・ウィルバーン君(写真AP=11)は以前、近所で速度違反する車に向かって「スピードを落とせ!」と叫んでいた。

が、もっと良いアイデアを思いついた。

ピカピカ光るベストを着て、自転車用ヘルメットをかぶり、『ホットホイールズ』製のスピードガンで武装し、走り去る車の速度を測りはじめたのだ。

さらにランドン君は、サイレンを組み込んだフラッシュライトも持っている。

近所の住民によると、ランドン君がスピードガンを向けると慌ててスピードダウンする車が結構あるそうだ。

関係当局によると、住民の70%以上が賛成すれば、スピードハンプス(車を減速させるための道路の隆起)を設置し、その費用の半分を持つという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。