スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンブルドン優勝のナダル、スターになる



いろんな栄誉がありますが、星に自分の名前が付くってなんだかすごいですね。
具体的な比較の対象が見当たりませんので陳腐な表現しかできないのが歯がゆいです。


ちょっとだけイスカンダルに似ているあたり、松本零士ファンにはたまりませんな・・・ってこんなオチですが、勘弁してつかぁさい。


ウィンブルドン優勝のナダル、功績は宇宙にも到達

 テニスのウィンブルドン選手権で強敵ロジャー・フェデラーを破って初優勝したラファエル・ナダルだが、その功績を称えて今週、小惑星に「ナダル」の名前が付けられた。

 ナダルの出身地であるスペインのマヨルカ島にある天文台が、ナダルがウィンブルドンで5回の優勝を誇るフェデラーに勝利したのを受け、小惑星への命名を申請。国際天文学連合(IAU)がこれを承認し、小惑星「ナダル」が誕生した。

 この小惑星は、地球から見ると火星と木星の間にあり、男子プロテニス協会(ATP)のウェブサイトによると、ナダルが注目を集め始める少し前の5年前に発見された。直径4キロで、秒速20キロで移動している。

 マヨルカ島の天文台にはナダル本人も訪れ、自身の名前が付いた小惑星を確認したという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。