スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間様だけではなくて飛行機も整形?



あの先っちょがあるからコンコルドだと認識できるって人、結構多いのでは?
あたしもあの先っちょが折れ曲がらないと超音速旅客機と認識のできないひとりであります。こともあろうにその部分を事故で折ってしまうとは・・・ある意味、狙いどおりの失敗ですな。



超音速機コンコルドにトラックが衝突!?

 ニューヨークで展示中の超音速旅客機コンコルドの機体にトラックがぶつかり、機首が折れてしまう事故が発生した。博物館の役員は2週間の「鼻の整形手術」で元通りに戻せると、ばつが悪そうに語った。

通常、運行を終了したコンコルドの機体は、アメリカ海軍で使用されていた航空母艦イントレピッドを利用した博物館、イントレピッド海上航空宇宙博物館に展示されている。 現在、空母イントレピッドと桟橋の改修工事が行われているため、コンコルドはブルックリンのレクリエーション施設に移されていた。

7 月1日朝、ジャマイカ系市民によるサッカー&クリケット・フェスティバルの舞台装置の撤去作業を行っていたトラックがコンコルドの特徴的な鼻(機首)に衝突し、先を折ってしまった。 博物館長のビル・ホワイトは、折れた部分は無事回収されており、元と同じように修理可能だと述べている。

ホワイトはコンコルドの所有者である英国航空に謝罪した。彼は、レクリエーション施設がより慎重なセキュリティ対策を行っておくべきだったと述べている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。