スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解体業者がお宝発見?



J.R.R.トールキンと言えば指輪物語・・・途中で挫折しました。嫁さんにつきあって観たロード・オブ・ザ・リングも途中で意識を失い、あたしと彼の相性はあまり良くないようであります。

暖炉から見つかったハガキですが、個人的には誰かが保管してあったトールキンからのハガキならば価値があるような気がします。トールキンが受け取ったハガキに果たして高値はつくんでしょうかねぇ。


英解体業者、「ロード・オブ・ザ・リング」作者邸でハガキ発見

 人気小説「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J.R.R.トールキンの英イングランド南部にある元自宅で作業を行っていた解体業者がトールキン宛てのハガキを発見し、高値での販売を希望している。

 トールキンの元自宅近くで解体業を営むスティーブン・モルトンさん(42)が8日、ロイターとの電話取材で明かした。

 モルトンさんが暖炉を取り外したところ、ハガキ3枚が出てきた。3枚目は1968年の日付でトールキンに宛てて書かれたものという。トールキンは同邸に1968─72年にかけて居住。

 モルトンさんは、暖炉とハガキをセットにして50万ドル(約5400万円)で売りたいとしている。モルトンさんによると、トールキンの著作権を管理する団体からの了承は得ているという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。