スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラジカ呼びコンテストで勝利するコツ



痘痕も靨なんてことわざがありますが、なるほどモノは言いようでありますな。

息子は単に雑音を出すのが好きで、「それが上手なんです」

溢れるほどの愛情を持って普段から接していないと、パッとでるコメントではありません。
そんあことは置いといて、『ヘラジカ呼びコンテスト』っていったい・・・。


5歳の少年がヘラジカ呼びコンテストで優勝 米アラスカ州

5歳の少年アンドリュー・ポラスキー君が、週末にアンカレッジのアラスカ動物園で開催された「ヘラジカ (ムース) 呼びコンテスト」で優勝した。うるさい子どもだったことが功を奏したとのことだ。

彼は両親のジャネッサさんとレイさんと一緒に、アンカレッジのエルメンドーフ空軍基地内に住んでいる。ヘラジカはアラスカ最大の都市でよく見られる動物だが、彼はそれほどヘラジカに親しんでいたわけではなかった。その代わり、彼は生まれ故郷のウィスコンシンで鹿に慣れていた。

では、ヘラジカ呼びコンテストで優勝する秘訣は何だったのだろう?
彼の母親は、息子は単に雑音を出すのが好きで、「それが上手なんです」と語った。

彼は賞品として、カレンダー、「ムースズ・トース(ヘラジカの歯) 」というアンカレッジのレストランの商品券25ドル分、ヘラジカの壁掛けを受け取った。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。