スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病で死にたくなけりゃ・・・犬を飼え!



幼少の頃に犬に追いかけられた経験がトラウマとなり、犬が苦手なアタクシ。
ホントに飼い主思いなのか、それとも・・・なんてブラックな考えが頭をよぎりつつ、身体に異変が現れたんだから素直に病院に行きゃいいのにと考えてしまいました。

残ったもう一方のあんよと身体は是非大切にしてくださいな。 → 糖尿病にならないために


愛犬に足の親指を食いちぎられた男性、そのおかげで一命を取り留める

ミュージシャンでもあり、実業家として有名なJerry Douthett氏は、数ヶ月前からつま先の皮膚が次々と細かく剥がれ落ちていることに気づき、しかもその影響を受ける部位がどんどん広がっていったため、ナイフでそこを削り取りながらも、誰にも見せないようにしていたとのこと。

ある日、妻のRosieさんが彼のつま先が今まで以上に異様な状態になっていることに気づき、糖尿病の疑いがあるのではないかと思ったことから病院に行くことを勧めたのですが、彼はそれを嫌がりました。最終的には折れて診断を受けることにしたのですが、Jerry氏は飲酒の誘惑に負けてレストランでビール 4~5杯と大量のマルガリータを飲み、Rosieさんに車で迎えに来てもらった揚げ句、家に帰るやいなやベッドに直行しました。

ふらふらしながらも目覚めたJerry氏は、自分のつま先から親指が消え、その周りに血の海が広がっているのに気がつき、「つまさきが無い!」と絶叫したといいます。ちぎれた親指がどこにも見あたらなかったことから、愛犬のKikoがJerry氏の親指を食べてしまったとみられています。

病院に搬送されたJerry氏は診断を受け、Rosieさんの予測どおり糖尿病にかかっていたことが判明、しかも血糖値は560(平均値は80~120)と異常に高く、危険な状況だったということです。また、Jerry氏の足の指先はすでに腐食が始まっており、病状は非常に悪化していたため、荒療治ではあるものの、Kikoが足の親指を食いちぎったことですぐさま病院に搬送されたおかげで、Jerry氏は糖尿病によって命を奪われる危険を回避できたといえそうです。

犬の嗅覚が非常に優れていることはよく知られていますが、同様にダックスフントが飼い主が糖尿病にかかっていたために腐食していた親指をかじり取った事例もあることから、犬にはガンや血糖値までもかぎつけることができる能力があるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。