スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑務所でミスコン



ケームショというと規律正しく娯楽がないというイメージがありますな。
やらかしちゃったことを考えれば、ソレもまた正しい形ではないでしょうか。もっとも入ったことがないため、詳しいことはわかりませんが・・・・。


そんなケームショで行われたミスコン。
というか各地から集まっちゃってるみたいなんで、ちょっとしたイベントになっている様子であります。しかも第一回って(^^ ;)


優勝賞金約5万5000円ってあたり、なんだか賭け事の配当っぽい額なのも妙に気になったりしますが、お祭り好きのお国柄ですから第2回ミスコンの開催も近いのかも知れませんな。



輝く笑顔の「ミス刑務所」は19歳の美人殺人犯、終身刑で服役中

ブラジル・ペルナンブーコ州の女性受刑者たちが出場した第1回「ミス刑務所」コンテストは、受刑者たちの社会復帰を支援する試みとしてブラジルのMinistry of Social Development and Human Rights(社会開発・人権庁)の主催で行われました。

地元の軍警察本部の将校クラブで開催された決勝戦では、ペルナンブーコ州各地の刑事施設から12名の美女たちが集い、美ぼうや一般常識、服役中の模範的ふるまいの記録などを審査されたそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

政府発行 お酒のレシピ



料理だといろんな店のオリジナルの味が楽しめる食べ歩きができますが、カクテルに政府公認のレシピが存在するんじゃ、あまり面白みがありませんな。

クオリティーと味の均一化・・・チェーン店じゃないんだから。
ここまで縛りがキツいと、あとは価格勝負ですか。
しかしどこにメリットが存在するのでしょうねぇ。



国民的カクテルの作り方、政府が法律で定める

 ブラジルの国民的カクテルはどうやって作ったらいいのか? 知りたかったら法律家に聞いた方がいいかもしれない。

ブラジルではとてもポピュラーなカクテル「カイピリーニャ」について、政府が法律でレシピを定め、その通りに作るようにと発表した。「主にカシャーサ(サトウキビが原料の蒸留酒)を使用する。ライムをすりつぶして果汁を少なくとも全体の1%入れ、使用するのは本物の砂糖とする」といった内容。

同国農業省が金曜日に発表したものだが、その目的は「クオリティーと味を均一化するため」とのこと。

間違ったレシピで作ると罰を受けることになるかは不明。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

イヤ、やっぱオムツだろ



信じられないことが起きると口々に神について語っちゃったりしますが、やっぱ一番の功労者はオムツですな。そんなあたしは無神論者。

地元警察官は冷静に、まるでなりゆきを見ていたように解説してますが、あんたのところに神が降りてきたのか?とツッコミたくなりますな。いずれにしてもかすり傷程度で済んでなによりでした。


赤ちゃんの命を救ったのは使い捨てのオムツ

 使い捨てのオムツがアパートの3階から転落した生後18ヶ月の赤ちゃんの命を救った。

赤ちゃんが落ちたのは、ブラジル北東部のレシフェにあるアパートの部屋の窓からで、高さは約10メートル。落下途中にアパートの周囲にあったコンクリート壁に埋め込まれていた防犯用の尖ったフックに引っかかった。「しばらくはフックにぶら下がっていましたが、やがてオムツが破れて赤ちゃんは落下しました。オムツのおかげで落下スピードが遅くなり、衝撃を緩和する役目を果たしたのです」と地元の警察官は話す。

またこの警察官は「奇跡です。フックに刺さって死んでしまう可能性もあったのですから」とコメント。

赤ちゃんは軽い擦り傷を負って病院で治療を受けたが、容体は安定しているという。

警察は現在、赤ちゃんがどうやって窓によじ登ったのか調査中で、親の不注意が原因の可能性もあると発表している。

「Folha de S. Paulo」紙によると、赤ちゃんの父親(23)は「窓の下にあったソファーに登ったのだと思う。今までそんなことをしたことなかったのに」と話している。さらに父親は、「息子の命を救ったのはオムツではありません。神が救ってくれたのです」と語っている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。