スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼服着てなくて良かったかも



立っている必要はないと思いますが、棺に入れられてちいさな窓からさようならでは味気ない気もしますな。かといって部屋の片隅に礼服着せられて立ってたりすると、きっとビビる参列者があとを絶えなかったことでありましょう。

でもプエルトリコでは通夜が3日間もあるんですな。
いくらなんでも立ちっぱなしはくたびれたでしょう。


「死んでも通夜の間は立っていたい」……故人の遺志が実現

 「死んでも立っていたい」、生前にそう望んでいた男性の願いがかなった。葬儀場の関係者が遺体に特別な防腐処理を施し、3日間の通夜が終わるまで直立姿勢を保てるようにしたのだ。

エンジェル・パントハ・メジナ氏(24)の遺体はヤンキースのキャップとサングラスを着用した姿。母親宅のリビングルームに直立姿勢で置かれ、その遺体の前で親族が追悼の祈りを捧げた。

メジナ氏の兄弟、カルロス氏は「El Nuevo Dia」紙に対し、「故人はずっと以前から自分の通夜の間は立っていたい、と話していました」とコメント。

葬儀場の責任者によると、メジナ氏の母親から「息子の最後の望みをかなえてあげて欲しい」と依頼があったという。

メジナ氏は金曜日にサンファンにある橋の下で死亡しているのを発見された。月曜日に遺体は埋葬されたが、死因については現在も警察が調査を続けている。

スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。