スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味わうより想像するほうがいい・・・でも飲んでみたい



南極の氷に眠る幻のウイスキー・・・ロマンですな!
願わくば何らかのトラブルで採掘作業が度々頓挫しちゃえばいいのに・・・。

そして数々の苦難を越えて掘り出されたウィスキーなんて映画になりそうですもんね。
グラスに氷を浮かべたウイスキーではなく、氷づけになった100年前のウィスキー。どんな味がするんでしょ?


南極の氷に眠る幻のウイスキー、採掘計画が始動

 飲料水メーカーが、およそ1世紀前から氷漬けになっているスコッチ・ウイスキーを求めて、南極大陸の氷の採掘に乗り出した。

採掘チームが探しているのは、英国の極地探検家アーネスト・シャクルトン卿が、失敗に終わった1909年の探査旅行の際に南極に出荷したマッキンリー社のウイスキー2箱だ。

現在マッキンリー社を傘下におさめている飲料水グループ、ホワイト・アンド・マッカイは、現在は無くなってしまったこのスコッチ・ウイスキーを再興するためのテストの一環に、100年もののウイスキーのサンプルを求めている。

ニュージーランドの南極歴史遺産トラストの労働者たちが特別なドリルを使用して、ケープ・ロイズ近くのニムロッド探検基地の氷の下に眠っているという木箱を掘り起こす計画だ。

1月の探査旅行を率いたアル・ファスティアーによれば、2006年、小屋の床下にウイスキーの木箱があるのを修復作業員たちが見つけた。その時、木箱と瓶は取り出すには深くに埋まりすぎていた。

ニュージーランドの専門家たちは何本かの瓶を回収することに合意した。しかし残りは12の南極条約国が同意した保護ガイドラインのもと、現在のままの状態に残さなければならない。

ファスティアーは、ウイスキーの試飲はしたくないと語った。
「味わうより想像するほうがいい。そうすれば謎が謎のままになるから」

ホワイト・アンド・マッカイの調合責任者リチャード・パターソンは、シャクルトンの探検のウイスキーは、現在も飲むことができ、100年前とまったく同じ味がするだろう、と語っている。
サンプルを手に入れることができたら古いウイスキーの味を再現し、マッキンリー・ウイスキーを再び市場に売り出すつもりだという。

ロンドンの『テレグラフ』紙は彼の発言を引用している。
「何本かここに取り戻すことができればと心から願っています。ウイスキーはあそこで誰にも省みられず孤独に眠っていました。生まれたスコットランドに戻ってくるべきです」
「ほとんどのボトルが歴史的な理由で南極に残るとして、2、3本でも入手できれば良いのですが」と、パターソンは語った。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

世界最高の仕事!マザコンが当選



高額な報酬とリゾートでの生活・・・憧れちゃいますな。
元記事には詳しく書かれておりませんが、いったいどのくらいの期間「世界最高の仕事」に従事できるのでありましょう?


オージーのクイーンズランド?行ったこともないのになんとなく行った気になっているのはなんでだろうとしばらく考えておりましたが、たった今判明。あたくしが訪れたのはニュージーのクイーンズタウンでした。こちらもいいとこでしたよ!


あーぁ、観光大使募集してくんないかなぁ。


豪リゾートでの「世界最高の仕事」、現実は多忙な日々か

「世界最高の仕事」という名目で、オーストラリア・ハミルトン島の管理人に選ばれた英国人ベン・サウスオールさん(34)が1日、島での仕事をスタートさせた。

 世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフに浮かぶ同島での生活を満喫しながら、ブログ更新などで15万豪ドル(約1100万円)の報酬が約束された管理人の仕事は、クイーンズランド州観光局が観光促進キャンペーンの一環として募集し、世界中から応募が殺到した。

 リゾートライフを満喫しつつ給料が支払われる「夢」のような生活と思われがちだが、現実には多忙な日々が待ち構えているようだ。

 サウスオールさんは地元メディアに対し「(管理人は)自分とクイーンズランド観光局にとっては仕事であり、実際には多くの厳しい仕事が待っている。わたしはクイーンズランド州を世界中に売り込むための大使にならなければならないのだ」と語った。

 サウスオールさんの主な仕事は、同島を探検し、ブログや写真、ビデオやインタビューを通じ、同観光局および世界に向けリポートすること。また、サウスオールさんが望めば、プールの掃除や魚への餌付けをすることもできる。

 恋人を伴いハミルトン島にやってきたサウスオールさんは、パラダイスの一角での生活を楽しみにしていると語る一方、母親の料理が食べられないのが寂しいと付け加えた。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

宝くじが当たる法!



脈絡がない元記事で読んでみてもイマイチ何が言いたいのか伝わってこないのでありますが、とにかく嫁がやかましいと宝くじを買えば当たると解釈してよろしいのでしょうか?

あたしも先日、寒風に耐えつつ列に並んで年末ジャンボを買ってきました。
あとはソーセージを買いに出かけたついでに当選番号を確認すりゃいいってことですね?


口やかましい妻のおかげで宝くじが当たったニュージーランドの男性

 「口やかましい」妻に言われて宝くじを買ったニュージーランドの男性が、一等賞420万ドル (770万ニュージーランドドル/およそ3億9000万円) に当たった。彼が宝くじを買ったのは土曜の夜、販売所が閉まる2分前だったという。

日曜日、彼は妻にソーセージを買ってきてと言われて買い物に出かけたが、手持ちの金がなかった。そこで彼は土曜日に買った宝くじの当選番号を確認することにした。

彼が報告したとき、妻は賞金の額を4200ドルと間違えたそうだ。

この男性はニュージーランド最大の都市オークランドに住んでいる。ニュージーランドでは通常、宝くじ当選者の氏名は公表されない。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。