スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽電池搭載の洋服 一日も早い実用化を!



これで携帯やデジカメのバッテリーがヘタっちゃっても安心ですね。
曇りや雨天でも、ある程度稼動してくれるでしょうから・・・。

あとはノートパソコンくらいまでカバーしてくれると助かりますな。
パソコンの仕事 イコール 室内作業でかなり引きこもり気味の人っていますもんね。

なに?太陽がまぶしすぎて昼間外出できない?
根っからの引きこもりの方はご自分で対処してくださいな。


太陽電池搭載の洋服が登場、携帯の充電も可能

 ブエノスアイレスで1日、太陽電池モジュールを搭載したジャケットが披露された。太陽光で発電し、携帯電話や携帯型デジタル音楽プレーヤー、デジタルカメラ、バッテリーなどを充電することが可能という。

 アルゼンチンのブランド、Indarra.dtxのコレクション「インテリジェント・クローズ」の一環として発表された。

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

おかあさんよりあったかいよ



どちらかわからないなら、犬の母親がってことにしておいてほしいです。
14歳の少女が出産ってのも、事情はわからないにせよかなりショッキングな出来事ですな。他の生き物に愛情を注げる犬が近くにいてよかったねぇ。


冬の屋外に捨てられた赤ちゃん、犬小屋の中で無事発見

 アルゼンチンで14歳の母親が冬の屋外に捨てた新生児が、犬小屋の中で母犬や子犬たちと一緒にいるところを無事発見された。同国のメディアが22日に伝えた。

 ナシオン紙によると、農業を営むファビオ・アンゼさんは21日、飼い犬「チャイナ」の子犬たちと一緒にいる裸の赤ちゃんを発見。警察に通報し、赤ちゃんは病院に搬送された。

 病院の責任者は報道陣に対し、発見時の赤ちゃんは生後わずか数時間で、いくつかのあざはあったものの健康状態に問題はなかったと述べた。

 今回の騒ぎが起きたのはブエノスアイレスから南に約60キロ離れた場所で、夜間の気温は凍えるほどには寒くはならない。

 警察はその後、14歳の少女が夜間に屋外で出産したことを突き止めた。この少女が赤ちゃんを犬小屋の中に置き去りにしたのか、母犬が発見して犬小屋に連れ帰ったのかは明らかになっていない。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

そのメタンガスは再利用できんの?



洞爺湖サミットでも話題になっている地球温暖化。 バイオ燃料と絡めて世界中で様々な研究が行われているようですね。

アルゼンチンでは牛のゲップ。これがどうやらバカにならない排出量みたい。
メタンガスは牛のゲップのみならず、家畜の排出物の発酵でも発生して再利用の研究も進んでいるのだそうであります。究極のエコはなんにも無駄になるモノがない状態なのかもしれませんね。



世界びっくりニュースウシにタンク背負わせ「げっぷ」回収、温暖化研究で

 アルゼンチンの研究チームが、地球温暖化の研究の一環で、ウシの背中にプラスチック製のタンクを取り付け、「げっぷ」を集めている。

 研究者らによると、ウシは時間のかかる消化のためにメタンガスを「排出」。メタンは二酸化炭素に比べて注目度がかなり低いが、地球温暖化効果が指摘されている。

 世界各地で科学者がウシのげっぷに含まれるメタンの量を調べているが、アルゼンチンの国立研究機関では、ウシの胃からチューブをつないで背中のタンクにげっぷを回収するという珍しい方法を採用。研究者は「最初の結果ではアルゼンチンの(温暖化ガス)総排出量の30%がウシから出ている可能性が判明し、驚いた」と語っている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。