スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘ったいもいじぐっでねっ



勝手に掘ってトンネルつくっちゃうてのもすごいですが、できたら利用させてもらって賞賛するだけのちゃっかりさんが多いのも気になりますな。

でも14年・・・気が遠くなるような時間。開通したトンネルにはきっとラマチャンドラトンネルとかいう名前がついているんでしょうな。


インド人の男性、14年かけ自力でトンネル作る

 インド人の男性が自宅前にトラックを停めるため、岩山をハンマーとのみで14年間も削り続け、トンネルを開通させたことが分かった。 

 ビハール州に住む53歳のラマチャンドラ・ダスさんは、山があったために家の近くに駐車することができず、トラックを盗まれるのではないかと不安に感じたため、自力でトンネルを掘ることを決めたという。

 幅4.2メートルのトンネルが完成したことで、周辺住民らは山を迂回せずに農場に行くことができるようになり、ダスさんを称賛する声が上がっている。 

 地元の当局者は「自分の目標を達成するために、これほどの努力をできる人に出会えることはめったにない」と話した。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

インドで流行!笑うエクササイズ 見習ってみる?



年末だというのに景気の悪いニュースしか聞こえてこない今日この頃。
ため息はちょっととめて、笑うエクササイズでもどうでしょう?

早朝から外へ出て両手を上げて大笑いするのは躊躇われますし、ご近所から通報されちゃう可能性があったりして限りなく危険を伴うような気が致しますが、とりあえず笑って不景気を乗り越えましょう。


インドで毎朝40人が「笑う」エクササイズ

 インド北東部のシリグリで17日、大勢の人々がそろって両手を上げ大笑いする姿が撮影された。これは「笑いの会」の参加者らで、40人近くいる会員は、毎朝集まり、20─25分間「笑うエクササイズ」に励んでいる。

 会員らのモットーは「幸せな人生のための良薬は笑い」。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

野焼き禁止!



命がけの愛情表現なんですな。その行為自体は美しく心を打たれる部分もありますね。
思い出を引きずるのは男性で、女性はシラッと忘れられるなんていうご時世ですからもらい泣きしちゃいたいくらい感動するヤローどももいるかもしれませんな。

それでもね、野焼き禁止!ましてそこに飛び込んでみせるなんて論外ざんす。


インドの老女、夫の火葬中に炎に身を投げ自殺

 インドのチャッティスガル州にある村で、71歳の女性が現在では禁止されている古い慣習にのっとって夫の火葬中に炎に身を投げ、自殺するという出来事があった。警察が12日に発表した。

 この女性は11日、会葬者が火葬場を去った後に炎に身を投げた。貞節な妻を意味する「サティ」と呼ばれるこの慣習は、英植民地時代の支配者らが1829年に禁止するまで、献身的な愛情行為とみなされていた。

 その後も1987年には、数千人が見ている中、若い女性が夫の火葬の火の中に身を投げて自殺する例があり、インド政府はサティを美化することを禁止するなど法律を厳格化していた。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。