スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックの裏側で・・・第10回サウナ世界選手権w



暑いときに熱い食べ物ってワケではありませんが、サウナの話題であります。
北京オリンピックでは北島康介選手が100メートル平泳ぎを世界新記録で金メダル獲得!で騒いでいる(日本だけ?)というのに・・・北欧ではサウナ。なんとなくシュールですな。

でもサウナって気持ちいいんですよね。
あたし、夏場は運動不足解消のため水泳をやっているのですが、ふと温水プール脇にあったサウナに今年目覚めちゃったんですな。これがとってもすっきりするわけで・・・。

というわけで水泳もサウナも頑張れ!



サウナの世界選手権、男子優勝者のタイムは18分15秒

 第10回サウナ世界選手権がフィンランドで開催され、世界23カ国から男女160人が参加した。

 男子部門の優勝者がサウナに入っていた時間は18分15秒。地元フィンランド出身の優勝者はロイターに対し「この勝利のため、兄弟と一緒に多くのトレーニングを積んできた」と語った。

 女子の優勝者もフィンランド人でタイムは5分22秒。大会主催者は「2─3分もすると楽しくなくなる」と語っている。

 フィンランドでは、サウナは自動車と同じぐらい一般的で、生活の一部にもなっている。過去10年で男子はフィンランド勢が優勝を独占しているが、女子はベラルーシ勢の優勝回数が多いため、今回は少し予想外の結果となった。

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

やせる気 まるでなし!



120キロを担いで4分の1キロ(しかも障害物あり)を走破するとビールをそれこそ浴びるほど。なんとなく魅力を感じてしまいますが、やっぱりちょっと無理ですかねぇ。
しかし、120キロの彼女ったらやる気満々、来年はパワーアップならぬウェイトアップしてそうで担ぐには覚悟がいりそうです。


アイルランド人女性、体重120キロの自分を担げる男性を募集

体重120キロのアイルランド人女性が、自分を担いで253メートルのコースを走ってくれる「夫」役の男性を求めてフィンランドにやってきた。成功すれば、妻を運ぶ競争の世界タイトルと女性の体重相当分のビールを獲得できる可能性があるという。

 ことしの大会では結局、英国人男性がこの女性を担いで、ハードルなどの障害物が設けられたコースを運び切った。金メダルとはならなかったものの、女性は今後も世界タイトルとビールを目指して挑戦を続けるという。今回の優勝者はエストニアのカップル。

 妻担ぎ競争は、フィンランドで短い夏を楽しもうと行われる風変わりなコンテストの1つ。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。