スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かあちゃんととうちゃんと・・・もひとりは誰?



8歳なのにお手柄でしたな。
火が出ちゃっているのに泥酔なんて、お酒を飲むとぶったるんじゃう自分の話をされているようで肩身が狭くなりました。


しかし消防署への通報・救助活動に消化作業と迅速に動いて見せた8才児、どこでこんなスキルを身につけたのでありましょう?


なんにしても、役立てることが出来てよかったね。


酔っ払いの大人の代わりに、8歳の少年が必死の消火

 ポーランドの警察によると15日夜、西部の都市ミェンジジェチにあるアパートで火災が起きた際、そこに住む8歳の少年が警察に通報、消防車が来るまで懸命の消火作業を行い、妹(5つ)と泥酔した大人3人の命を救った。

警察によると、少年は母親(26)と2人の男を起こそうとしたが、酔いつぶれて寝込んでいたため起こせなかったという。そのため、すぐに自分で緊急通報を行った。

少年は妹に服を着せ、救急車が来る間、引火したドアに繰り返し水をかけ消火作業を行った。

警察広報は「少年がいなかったら、悲劇的な結末になっていたかもしれません」と語った。

警察は火災の原因を捜査中。母親が子供たちを危険にさらした罪で起訴される可能性があるという。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

わかんなきゃエンピツ転がしてみ!



隠れて一時停止するかどうか、シートベルトを乎鵜着してるかどうか見張ってる警官がいます。
残念ながらあたしもお世話になっちゃったクチだったりするのありますが、ロシアではほとんどの交通警察官が仮免試験すら通らないんですと。

合格ラインが日本に比べて厳しいってのはわかりますが、取り締まる側ですからな。
日本でも試しにやってみてほしいものですね。


ロシアの交通警察官、仮免試験合格は30人中1人

 ロシアのスベルドロフスク州で、交通法規試験を受験した警察官30人のうち合格者が1人だけという事態が起きた。同州の検察官が15日に明らかにした。

 国営タス通信の報道によると、同州クラスノトゥリインスクのウラル山脈にある町で、30人の交通警察官に対し、仮免許運転者用のテストが実施されたが、合格点の満点をクリアできたのはたった1人だけだった。

 タス通信は「不合格者には、8問も不正解だった者もいた。運転免許を取得するには全問正解しなくてはならない」との検察当局のコメントを伝えた。

 ドライバーの間では、同国の交通警察が非公式な罰金を徴収をするとの声もあり、免許証などをチェックするために車を停止させられたり、軽度の違反で減点させられるという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

タつんだジョ~・・・



これを八つ当たりといいます・・・。
本人の気持ちになれば、「金返せ」ってどなり込むのもわかりますが、効く効かないに関わらずもう飲み込んじゃってますからな。

事件が起きたのはクリスマス・イヴってのもなんだか同情を誘いますが、もっときちんと自分自身を見つめ直したほうがいいでしょう・・・いろんな意味で。


ロシアのアダルトショップ、商品に不満の男が発砲

 ロシアのアダルトショップで24日、女性店員が客の男に銃で撃たれ、負傷する事件があった。店で購入した性的不能治療薬に期待通りの効果が得られなかったのが動機だという。現地メディアが報じた。

 インタファクス通信が警察筋の話として伝えたところによると、男は24日夜、モスクワ郊外のアダルトショップ「Intim」で、前日に購入した性的不能治療薬の代金払い戻しを店側に要求した。

 店員が返金を拒んだところ、男は銃を発砲したという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。