スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボニー&クライドの真実・・・?



『俺たちに明日はない』は幼少の頃テレビのロードショーで視て、そのラストシーンが強烈に脳裏に焼き付いております。
強烈に惹かれた反面、なぜ破滅に向かって突き進んでいくのか・・・あの頃からウン十年経った今でもやっぱり理解できません。


彼らが実際に使用していた”道具”が高値で取引されたようですな。
興味深かったのでいろいろとググってみると、クライドがゲイ、ボニーは色情狂だったなんて記述がみつかりました。あぁ、なんだか目が覚めたカンジ。


「ボニーとクライド」の銃2丁に3900万円、ゆかりの品競売に

1930年代に米国で銀行強盗などを繰り返したギャング「ボニーとクライド」が所有していた拳銃2丁が30日、ニューハンプシャー州ナシュアで競売に掛けられ、計50万4000ドル(約3900万円)の値を付けた。
この2丁は、2人が1934年5月の警察との銃撃戦で死亡した際に身に付けていたもの。ボニーが太ももにテープで止めていた銃身が短い拳銃は26万4000ドルで、またクライドがウエストバンドに入れていたコルトは24万ドルで落札された。
落札したのはテキサス州の収集家とされているが、名前は明らかになっていない。この日の競売では、他にもクライドが身に付けていた金時計が3万6000ドルで落札された。
競売元RRオークションは、ボニーとクライドについて「彼らは今も人気があり、2人の恋物語も人々に受け入れられているようだ」と話した。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

パトカーでお買物♪



職務中だったのでありましょうか?それともガソリン代節約のための確信犯?
なんとなく使い慣れたパトロールカーで行っちゃったのもわからなくないような気もしますが、地位とか自分の恥ずかしいニュースが世界中へ向けて発信されちゃうリスクの方が計り知れないくらい大きいことを自覚すべきでしたな。

もし緊急を要する事件が起きたらなんて考えると、マットレスを積んだパトカーはちょっと笑えます。

女性警察官、私物のマットレスをパトカーで運んで…

 マイアミ警察の勤続32年のベテラン女性警察官が退職を目前にして、有給停職を食らってしまった。デパートで買ったマットレスをパトカーの屋根に積んで運んでいるところを写真に撮られ、それが地元テレビで放送されたからだ。

この警官はサンドラ・ライルズで、パトカー、銃、バッヂを取り上げられた。ライルズは5日に退職したが、警察広報は、それとは関係なく捜査を行うとしている

警察広報は「ライルズの行為は署の規則に違反しており、彼女自身を辱めるものだ」ときびしいコメント。

彼女は1980年からマイアミ警察に勤続、成績昇級も受けているが、十数回、罰則も受けている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

葬儀もドライブスルーで



葬儀もだんだん簡略化・・・。
こんな様子を見ていると、土着の風習や習慣もだんだんありがたみが少なくなるような気がしますね。
車から降りもせずにおしまいがいいのか悪いのかは別として・・・そーいや、ドライブスルー・ウェディングなんてのもありました。

アメリカの自動車産業恐るべし?

ロス近郊に「ドライブスルー葬儀場」、忙しい現代社会を反映

 米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のコンプトンにある「ドライブスルー葬儀場」が、新たな葬儀方法として注目を集めている。

1974年開業のロバート・L・アダムズ葬儀場では、弔問客は車から降りずに、ガラス張りの部屋に安置された故人とお別れできるようになっている。

同葬儀場のマネジャーは、カリフォルニア州南部ではここが唯一のドライブスルー葬儀場だとし、歩くのが大変な高齢者や弔問客が多い場合や、忙しい弔問客などにとっては便利な代替手段を提供していると語った。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。